高血圧薬とグレープフルーツ



高血圧で、高血圧薬を服用している方は多いと思います。

高血圧薬を服用している時に、グレープフルーツを食べたらいけない」と

よく言います。

そして、高血圧薬を処方される時に、医師や薬剤師から注意があるはずです。


それでは、なぜ高血圧薬はグレープフルーツと一緒に食べてはいけないのか。

何が、グレープフルーツによって引き起こされるかを、見ていきましょう。


グレープフルーツの影響

グレープフルーツには、カリウムが豊富に含まれています。

カリウム自体に降圧作用があるため、高血圧薬と一緒にとると

降圧作用が過剰になります。


また、グレープフルーツには降圧剤の分解を阻害する成分が含まれています。

そのため、血液中に薬の成分が多くなり薬の効果が過剰になります。

降圧作用が過剰になると、急激に血圧が下がり、立ちくらみ、

めまい、ねむけ、酷い時には意識障害になる危険性があります。


薬の種類とグレープフルーツ

一般的に「高血圧薬はグレープフルーツと一緒にとってはいけない」と

言われますが、実は薬の種類によっても、受ける影響が違います。


高血圧薬の中でも、Ca拮抗薬は特に影響を受けやすいです。

Ca拮抗薬の降圧剤を服用している方は、絶対にグレープフルーツを

食べたり、ジュースを飲んだりしないで下さい。



ただ、すべての柑橘系の果物がダメな訳ではありません。

最近の研究によると、オレンジ、ミカン、レモン、夏みかんなどは

高血圧薬への影響が少ないと見られています。