高血圧薬と納豆



たまに「高血圧薬を服用していると、納豆を食べてはいけない」と聞きますが、

高血圧薬で納豆がダメなものは、ありません。

高血圧薬と納豆を一緒に食べてはいけないと言われるのは、

ちょっとした勘違いなのです。



納豆は薬に影響を与える?

納豆を食べてはいけないのは、高血圧薬ではなく、

抗血栓薬のワルファリンカリウムを服用している人です。

ワルファリンカリウムは、血圧を固めるビタミンKの働きを阻害し、

血液をさらさらにすることで、血栓が出来にくくします。


納豆には、このビタミンKが多く含まれ、さらに納豆菌は腸内で

ビタミンKを作りだすために、ワルファリンカリウムを服用している人は、

納豆を食べてはいけないのです。

もちろん、納豆だけでなくビタミンKが多く含まれるものがいけません。


しかし、この抗血栓薬のワルファリンカリウムは、心臓などの血栓の予防や

治療に使われる薬で、高血圧の人に処方される高血圧薬ではありません。

むしろ、納豆には血圧を下げる働きがあるので、積極的に取りたい食品です。


高血圧薬と一緒にとってはいけないものは?

高血圧薬に影響を与える食品は、グレープフルーツです。

グレープフルーツの渋みや、果肉に含まれる成分が高血圧薬に影響を与えますので、

グレープフルーツはジュースも飲まないで下さい。


高血圧薬の中には、グレープフルーツの影響をあまり受けないものもあります。

高血圧薬を服用する前に、自分の薬がどのようなものなのか、

医師や薬剤師にしっかりと確認してください。