本態性高血圧とは?



高血圧でお悩みの方の中には、本態性高血圧の方も多いと思います。

この本態性高血圧というのは、高血圧の中でも原因が特定しにくい

高血圧だと言われています。


日本人では、高血圧の人の約9割が、本態性高血圧ですので、

本態性高血圧の問題点と解決法を見ていきましょう。


本態性高血圧の問題点

本態性高血圧は、原因が特定しにくい高血圧です。

ですので、原因を解消して血圧を下げるという、根本的な治療が

取りにくい
のが大きな問題点です。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本態性高血圧の原因

本態性高血圧と診断されるということは、他の病気や、ホルモン異常で

血圧が上がっている(二次性高血圧)訳ではありません。

本態性高血圧の要因としては、遺伝的なものや、生活習慣が

関与
していると考えられています。


本態性高血圧の治療

血圧が極端に高い場合は、降圧剤を使用しますが、生活習慣の改善が

メイン
になります。

生活習慣の改善は以下の項目です。


 ・有酸素運動

   週3回以上、30分以上の有酸素運動が目安。

 ・体重管理

   BMI=体重÷(身長m×身長m)が18.5~24.9になるようにしましょう。

 ・減塩

   中には食塩非感受性の人もおり、その場合はあまり減塩効果はありません。

 ・アルコールを減らす

   ビールなら1本、日本酒なら1合、ワイン1/4本まで。

 ・禁煙

   タバコは、高血圧の合併症のリスクが上がるので、すぐに止めましょう。


生活習慣の改善は、本態性高血圧の治療だけでなく、

生活習慣病の予防にもなりますので、

是非今日からでも実施していって下さいね。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━