二次性高血圧とは?



日本人の高血圧の原因の約1割の人は、二次性高血圧で、

二次性高血圧とは、病気が原因で発生している高血圧の事を言います。


日本人高血圧の9割を占める本態性高血圧は、

遺伝や食生活が原因と言われてますので、

その点で大きく違います。


二次性高血圧は、病気を治療すれば、高血圧は下がりますので、

二次性高血圧を発生させてる病気を突き止め、治療する事が大切です。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二次性高血圧の原因

二次性高血圧の中で、最も多いのが腎実質性高血圧です。

腎実質性高血圧は、腎臓病、糖尿病や膠原病などから腎障害を起こし、

高血圧を引き起こします。


次に多いのが、腎血管性高血圧です。

腎血管性高血圧は、腎臓の動脈が狭くなり(動脈硬化の状態)、

高血圧が発生する二次性高血圧です。


そして、原発性アルドステロン症。

原発性アルドステロン症は、副腎皮質から作られるアルドステロンが

大量に分泌され、体の水分量を増やします。

そのため高血圧を引き起こします。


他にも、褐色細胞腫・クッシング症候群・甲状腺疾患・大動脈炎症候郡・

大動脈縮搾症・末端肥大症・副甲状腺疾患・睡眠時無呼吸症候群などが

原因として挙げられます。


二次性高血圧の治療

二次性高血圧は、その原因(病気)によって治療法は大きく変わります。


腎実質性高血圧の治療

 末期の腎不全になると、透析が必要になり負担が急激に増えます。

 ですので、血圧をコントロールする事で末期の腎不全に移行するのを

 防ぐ事を目的に治療します。


腎血管性高血圧の治療

 バルーンカテーテルや、経皮経管腎血管形成術などで動脈血管の拡張を行います。

 外科的治療が出来ない場合は、薬物治療(ACE阻害薬など)が行われます。


原発性アルドステロン症の治療

 原因が副腎腺腫の場合は、腫瘍の摘出が行われます。

 原因が副腎過形成に伴うものの場合は、薬物治療が行われます。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━