高血圧 肩こり



高血圧は、症状が分かりにくい事で有名ですが、時には頭痛や肩こりが、

高血圧の症状として表れる事があります。

そしてその肩こりが、高血圧の原因となってる場合もあるので注意して下さい。


肩こりと血流

肩がこっているということは、肩の筋肉がこわばり、肩の周りの

血流が悪くなっている状態です。

肩周りの血流が悪いと、心臓は血流を良くしようと血液を増やします。

そして、血液が増えたことで、血圧が上がってしまいます。


肩こりとストレス

肩こりの原因の一つに、肩の筋肉がストレスによって緊張状態に

なって疲労するということがあります。

体が緊張状態になれば、交感神経が優位になり、心拍数を増やし、

血流を増やすので、高血圧になります。


肩こりと運動

肩こりの原因の一つに、デスクワークなどでずっと同じ体勢を

取っている事があります。

デスクワークを長時間続けるという事は、その分運動量が少ない

ということなのです。


運動不足になると、筋肉が低下し血液を流す力が弱まり、

肩こりや高血圧の原因となります。(運動する時の注意点


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このように、肩こりと高血圧は相関関係があると言えるでしょう。

高血圧で肩こりのある人は、まずは肩こりを治すことから始めましょう。

定期的に肩周りの運動をする、ストレスを上手く発散するなどして、

肩の血行を良くすれば肩こりは解消するでしょう。


肩こりが解消されれば、高血圧も改善する事も多いです。

また肩こりも、高血圧も、生活習慣が原因となる事が多いですので、

是非生活習慣も改善するようにして下さい。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━