高血圧となる数値



血圧にはいくつか基準になる数値がありますが、どこからが

高血圧と呼ばれる数値なのでしょうか?


高血圧ではないが注意が必要


正常高値血圧の数値

最高血圧(mmHg):130~139

最低血圧(mmHg):85~89


ここからが高血圧の数値となります

グレート1高血圧(軽症)の数値

最高血圧(mmHg):140~159

最低血圧(mmHg):90~99


グレート2高血圧(中等度)の数値

最高血圧(mmHg):160~179

最低血圧(mmHg):100~109


グレート3高血圧(重症)の数値

最高血圧(mmHg):180以上

最低血圧(mmHg):110以上


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正常高値血圧の人は、放っておけば高血圧になるリスクが高いです。

「高血圧の人は、さらに高血圧になりやすくなる」という、悪循環に

陥る前に生活習慣を改善しましょう。


また高血圧の中には、治療をしないと1年未満に大半が死亡する

悪性高血圧があります。


悪性高血圧の数値

①か②の数値を満たすと、悪性高血圧と診断されます。


①定型的悪性高血圧(4つすべてを満たすもの)

 (1)最低血圧が130以上

 (2)KW分類キース・ワグナー分類) IV度で乳頭浮腫と網膜出血がある

 (3)腎不全をおこしている

 (4)全身の症状が悪化し、脳症状や心症状を伴う


②非定型的悪性高血圧(1つでも当てはまれば)

 ・拡張期血圧が120mmHg以上、130mmHg未満で、①の(2)(3)(4)の

すべてを満たすもの

 ・KW分類Ⅲの高血圧性網膜症で、①の(1)(3)(4)のすべてを満たすもの

 ・腎機能障害であるが、腎不全ではないもので①の(1)(2)(4)

のすべてを満たすもの


悪性高血圧の人は直ちに医療機関に行ってください。

放っておけば、1年以上生きられる可能性は、ほぼありません。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━