高血圧と水分の関係



人間の体は60%以上が水分でできています。

その水分が不足したり、摂取しすぎるとどうなるのでしょうか?

実は、不足しても過剰でも高血圧になると言われています。

なぜそのような事が起こるのか、詳しく見ていきましょう。


水分が不足するとどうなるか

水分が不足すると、血液中の水分も減り、血液がドロドロになります。

ドロドロ血液は流れにくいため、高血圧の原因となります。

また、ドロドロ血液は血管にも負担をかけるため、動脈硬化に

なりやすくなります。


その、動脈硬化が起こっているところに、ドロドロ血液が流れると

血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水分を過剰にとるとどうなるのか

体に十分な水分がある場合、余分な水分は尿として排出されます。

しかし、高血圧で腎臓が弱っていたり、腎臓の機能以上に水分を摂取

した場合は排出できずにむくみの原因になります。


また水分を多く取ると、血液の量が増え、その血液を循環させるために

心臓が押し出す力を強め、高血圧になる傾向にあります。


水分の適切な補充について

高血圧の人にとって、適切な水分の補給は高血圧を悪化させない

ためにも欠かせません。

それでは、適切な水分とはどの程度でしょうか?


人が1日で排出する水分が約2.3リットルと言われていますので、その分の約2.3リットルを補給する必要があります。

食事で食べる野菜やお米などからも水分が補給出来ますので、飲料水

として摂取するのは約1.5リットル
といったところです。


水分は一度にとっても、体に吸収されません。

高血圧の人は、2時間おきにコップ1杯程度の水分を取るなど

こまめに水分補給をしましょう。


高血圧の人が運動などで汗を大量にかく事が分っていれば、

運動する前に水分補給をしておきましょう。

もちろん運動中や運動後の水分補給も欠かせません。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━