高血圧が原因でなる病気



高血圧のまま何年も経過すると、違う病気の発症原因となる事があります。

それでは、高血圧の人はどのような病気に気をつけなければ

ならないのでしょうか?

よくなる病気を見ていきましょう。


高血圧が原因でなる病気

高血圧が原因で、引き起こされる病気といえば頭痛や、吐き気

動悸倦怠感むくみなどです。

そして、さらに進行すると脳卒中心臓発作など、命に関わる

病気のリスクが高くなります。


脳出血も心臓発作も急に起こるものですが、脳出血には

一過性脳虚血発作が、心臓発作には心肥大などの前兆がある場合が

あります。

これらの前兆を見逃さずに、すぐに病院に行きましょう。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高血圧と糖尿病の関係

糖尿病は高血圧の合併症ではありませんが、両方血液の病気です。

そして、高血圧の人は糖尿病になりやすく、糖尿病の人は高血圧に

なりやすい、ということが分かっています。


糖尿病の人が高血圧になる理由は、血糖値が高いと体は水分を吸収し

血液量が増えます。

血液量が増える事で、血管に圧力が加わり血圧が上がるからです。


逆に、高血圧の人が糖尿病になる理由は、高血圧によって腎臓の

働きが悪くなる
ためインシュリンの分解が滞り結果糖尿病に

なりやすくなります。



このように、高血圧が原因でなる病気は多くあります。

そもそも高血圧は、生活習慣が問題で発症する病気ですので、

他の病気にかかり易い体だと言えるでしょう。


高血圧の人は、血圧だけでなく他の病気にならないためにも

生活習慣を見直していきましょう。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━