高血圧 目が赤い



高血圧は特有の症状がなく、頭痛やめまい、動悸や目が赤い

などのちょっとした自覚症状が出る事があるぐらいです。

その自覚症状を見逃さずに、高血圧に気づくことが重要です。


目をこすった、寝不足といった覚えもないのに、目が赤い事ってありませんか?

もしかするとそれは高血圧が原因かもしれません。


それって充血?出血?

「目が赤い」と言うのは、目の毛細血管が広がって見えている

だけの充血の状態と、血管が破れて白目が赤く染まっている出血の状態があります。


充血であれば、それほど心配する必要もありませんが、出血の場合は

すぐさま眼科に行きましょう。

重大な病気が隠れている可能性があります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高血圧だと目が赤い事がある?

出血で目が赤い状態は、 結膜下出血(ケツマクカシュッケツ)と呼ばれ、

眼球結膜の毛細血管が破れて、内出血を起こしている状態です。

主な原因としては、目をこすったとか、結膜炎そして、高血圧や

糖尿病などがあります。


目が赤いのは高血圧網膜症かも

高血圧の合併症で、高血圧網膜症があります。

これは、網膜の動脈が細くなり、それが進行すると細い動脈に

こぶのように太い部分ができます。


そして、そのこぶが破裂すると、網膜出血を引き起こします。

網膜出血が起こると、出血して、目が赤い状態になります。

高血圧網膜症が進行すると、失明のリスクが高いです。


出血で、白目が赤い状態になっているのを見つけたら、出来る限り早く

眼科を受診しましょう。

また高血圧の人は、眼科医にその事を伝えましょう。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━